面接へ行ってきました‐結果は自分次第

投稿者: | 2013年1月31日

半年以上ぶりに面接へ行ってきました。結果はどうやら自分次第らしいです。
「自分次第」ってどういうことかといいますと、本気で定年まで勤める気があるかという事です。もし貴方がこの職場で仕事人生を全うしたいというなら考えてやってもよいが、中途半端な気持ちだと又短期で離職する事になるよ、との言葉を頂きました。

 

全くその通りです。自分が懸念している事を先に言われてしまいました。気分が乗らない面接は相手にも伝わるものです。面接に行く前から自分でも乗り気でないのを感じていたので、逆に面接に行く事自体に罪悪感というか無力感を感じていました。面接官には当然その事が伝わったらしく、上記の様な言葉になったのでしょう。

 

久しぶりの面接は確かに緊張しましたが、とりたてて自分を演じる事はありませんでした。というのも自分を偽って入社したとしても結局長続きしないと思ったからです。面接に受かるために無理してやる気を見せたり又は別人を演じても、それは自分自身ではありません。ありのままの自分で勝負して採用されなければ、後々苦労する事は目に見えています。採用されてもいつまでも別人を演じる事はできないからです。

 

正直に考えれば今回応募した仕事を一生続けていくのは難しい気がします。不況、不況で職を選んでいる場合ではないといわれますが、あまりに乗り気でない仕事は結局辞めてしまうのは間違いありません。無理して受かっても最初からやる気がなければ意味がありません。これはもう仕事を探すというより、これからの人生を探しているような気がします。傍からみれば何を甘い事をとお叱りを受けるかもしれませんが、自分の人生ですから自分が納得した生き方を見つけたいものです。

Pocket

面接へ行ってきました‐結果は自分次第」への6件のフィードバック

  1. ぱんだねこ

    はじめまして。初めてコメントさせて頂きました。
    私も昨年10月から現在まで失業状態です。
    前職は12年程勤めた会社だったのですが、上司や会社と揉めて退職という形になりました。退職月の給料と退職金はもらえませんでしたが、もういいや・・疲れた・・と、やる気もなくなってしまいました。
    今もハロワやネット求人や派遣等色々探していますが、資格があっても実務経験がないと採用されないし、年齢でもはじかれてしまったりと・・更に落ち込んでしまっています。
    ケ・セラ・セラ様も就職活動頑張って下さい。きっと良いお仕事先が見つかると思います。

    返信
  2. ケ・セラ・セラ

    ぱんだねこ様
    はじめてのコメントありがとうございます。同じく失業中との事で心中お察し致します。孤独で辛い日々だと思います。私もそうですが無職の恐怖は精神を破壊してしまいます。家に閉じこもっていると私の様に滅入るばかりですから、できるだけ外出の機会を増やすのもオススメです。一旦滅入ると抜け出すのが本当に難しくなります。
    ところで、12年間も勤めた会社を去るのはとてつもないショックだったと思います。私もそうでしたが、会社への恨みや思いを整理するのには時間がかかります。それでも貴重な自分の時間を嫌な会社の事を考えて費やすのは自分にとって損だと思い、あまり考えないようにしています。
    ぱんだねこ様は失業保険はどうされたのでしょうか。もう既に手続きをしてしまったのかもしれませんが、会社都合退職なら手当ても厚くなります。こんな事は既にご存知かもしれませんが、私も会社と関わりたくなかったので泣く泣く自己都合になってしまった苦しい経験があります。
    応援ありがとうございます。いつでも又お立ち寄り下さいませ。

    返信
  3. こくう

    こんにちは。
    面接お疲れ様でした。
    今回、自分に合った(合いそうな)職を探すというのが大事という事に気付いたと思います。焦って飛びついても過ちを繰り返す可能性が高く、次こそは!と気軽に言えるような歳でもないので、お互い冷静に行きましょう!
    にしても、今回の面接は大きな一歩だったのではないでしょうか。
    面接で貴方次第と言われてみたいです…

    返信
  4. ケ・セラ・セラ

    こくう様、度々のコメントありがとうございます。
    全く活動しない危機感から思い切って面接してみたのですが、面接前からテンション下がりまくってしまい、どうにもなりませんでした。しかし、合いそうな仕事を探していたら、本当に何年も経ってしまいそうです。すぐ辞めそうな仕事でも、稼がなければ生活できませんから、いつかは折り合いをつけて働かなければならないのでしょうね。難しいところです。

    返信
  5. 43歳再就職男

    この度、過去から全て拝読させて頂きました。
    かなりの苦労をされているようで、他人事とは思えずコメント致しました。私もリ-マンショックにて仕事を失い、ここ2年ほど、数ヶ所の会社に行きましたが、何れも短期間にて自己都合退職。退職の原因は人間関係だったり、仕事の内容だったり。
    そして、今は何とか零細企業に就職し、八ヶ月が経過致しました。でも完全なブラック企業ではありませんが、ブラックの要素はあります。
    しかし、今40代では我慢する他ないと思い、踏ん張っています。なんとかケ・セラ・セラ様も気を落とすことなく、マイペ-スでがんばって下さい。
    無職時の辛さは痛いほど分かりますので。
    それでは失礼します

    返信
  6. ケ・セラ・セラ

    43歳再就職男様
    コメントありがとうございます。当ブログを最初から読んで下さったとの事で感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。
    再就職男様も大変な苦労をなさったとの事ですが、無事に再就職をされたとの事でおめでとうございます。再就職先もあまり条件の良くないところのようですが、お体に気をつけて下さいませ。
    私は面接後も色々ありまして、まだブログを更新しておりませんが、近い内に記事を書くつもりです。
    それにしても最近は時代が変わったのだとつくづく感じます。日本はかつての成長へ見込めず、人口も2050年には8千万人程度に減少するそうですから、世界でも貧しい国なってしまう気がします。失業はもちろん自分の責任もあるのですが、経済や産業構造の変化の所為もあると思います。日本では非正規雇用は全体の3分の1ですが、韓国では2分の1ですし、20代の8割が非正規雇用だそうです。
    これから益々非正規雇用が進み、正規雇用自体が珍しくなってしまうかもしれません。正規雇用で正社員になったとしても、1日15時間位は働かなければその地位を維持できないのではないでしょうか。そうなってくると低賃金でも定刻の非正規が良いのか、サービス残業で深夜まで働く正規雇用が良いのかわからなくなってきます。
    話が大きくなってしまいましたが、とにかく失業を全て自分の責任にするとうつ病になってしまいます。真面目な人は最悪自ら命を絶ってしまう事もあります。私も散々自分を責めましたが、最近はなるべく時代の所為だと考える様にしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA