またもや面接後辞退‐面接で条件確認の末にお断り

投稿者: | 2013年2月15日

先日、面接辞退をした旨を記事にしましたが、実はまたしても辞退してしまいました。
辞退した理由は色々あるのですが、これは見方によれば正気の沙汰ではないかもしれません。
条件等が合わず辞退する事は理解できない事はないのですが、立て続けに辞退というのはどうも自分自身に問題があるのかもしれません。今回も面接後の選考結果が出る前に辞退したのですが、感触は悪くはありませんでした。
一応辞退した訳を述べてみると、最大の理由は勤務地です。求人票では地元勤務となっていましたが、面接でよくよく話を聞くと違っていました。現場仕事なので場所は頻繁に変わるのですが、基本的には地元近辺での募集でした。ところが、事務所は遠隔地で仕事も遠隔地が多いらしい。地元近辺の募集なのでハッキリとはいわないが、どうもニュアンス的に地元ではあまり仕事がないようでした。地元近辺の仕事が主体だが、仕事がない時は遠隔地へ飛ばなければならない。交通費の支給もないし、移動時間を考えると、かなり条件は悪くなってしまう。これなら地元の同業他社を探した方が良いというのが辞退した理由でした。

 

「辞退する位なら最初から応募するな!」といわれてしまうかもしれませんが、やはり面接してみないとわからない事が多いものです。1枚の求人票、ネット検索で得られる情報には限りがあります。それなりの規模の企業ならいざ知らず、数十人規模の中小企業ではそもそも検索がヒットしません。ネットには全く情報もなく、求人票のみで判断するのはハッキリいって不可能です。面接したから必ず勤めなければならないというわけではありません。今は不況で雇用側の立場が極端に強いですが、だからといって応募者が絶対服従するべきではないと思います。
こんな事をいえるならそれだけの能力があるのかといわれれば、ハッキリいってありません。自慢できるほどの能力やスキルがあればこんなに無職が長引くはずがありません。しかし、幾ら能力がないといっても納得いかない職場では辞める事は目にみえています。100%納得できる職場があるはずもありませんが、無職で発狂するほど悩んでいる失業者でも躊躇してしまう職場には魅力がないと思わざるを得ないでしょう。

 

また、綺麗ごとを並べてしまいましたが、もしかしたら働く事自体を躊躇しているのかもしれません。毎日発狂するほど悩んでいても、体は無職生活に慣れてしまっているのは否めません。いきなりフルタイムで働く事を無意識に心身ともに敬遠している可能性もあります。自分では自覚していないのですが、それなりの理由で辞退したとはいえ、体が無意識に就労を敬遠しているのかもしれません。もちろん、心では一刻も早く働きたいと望んでいるし、毎日苦しくなるほど自分を責め続けています。けれど無意識にかわかりませんが、失業生活が長くなればなるほど心身ともに仕事から遠ざかっていくのを実感してしまいます。全失業者の3分の1は失業期間が1年以上の長期失業者だそうですが、長期失業者の気持ちが何となくわかる気がします。

 

いろんな思いが浮かんでくるのですが、またしても訳がわからなくなってしまいました。応募する職種もバラバラだし、自分は一体何がしたいんだろうって思います。こうして文章に書く事で少しは頭の中を整理する事ができますが、いまだに方向性がみえてきません。助けになるかわかりませんが、また就職支援相談を受ける事にしました。少しでもヒントが得られればと思っています。

Pocket

またもや面接後辞退‐面接で条件確認の末にお断り」への7件のフィードバック

  1. エスケープ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめてコメントさせて頂きます。エスケープと申します。
    私は、間もなく45歳になる独身中年で、現在無職歴が6ヶ月になります。ケ・セラ・セラさんのお気持ちなんとなくわかります。
    私も独りでいると気分の落ち込みが来る時があり、発狂しそうになるとことがあります。お金がかからないので、良く図書館に行って本を借りてきています。人生に関する書籍、やりがいや気持ちの持ち方に関するもの、心理学や宗教的なものを最近好んで読んでいます。
    ご参考になるかわかりませんが、私の場合は、「傷つくこと(失敗すること)を避けて、最初から成功を求めよう」としていると本から学んだ気がします。「失敗(挫折)を失敗で終わらせず、次の成功につなげる」ことです。
    では、成功ってなんでしょう? 私の場合は、世間一般に信じられてきた「いい大学に入り、いい会社に就職し、結婚して、子供ができ家庭を築いていく…」ということが成功だと思っていました。でも、気が付いたら45歳目前で無職の独身です。この成功は、他人が作った成功像であって、私の成功には関係ないんだと思うようになりました。
    私なりの成功を見つける旅が人生かと思うようになりました。そのためには、失敗を恐れずに飛び込んでいかなければいけないと思います。
    ケ・セラ・セラさん、別に辞退してもいいじゃないですか? 次に進みましょうよ。この辞退された経験を次のステップに生かすことができればいいんですから…

    返信
  2. ケ・セラ・セラ

    SECRET: 0
    PASS: bf4cb5d1cbb0ecf80ae1a9c01e52cc15
    エスケープ様
    コメントありがとうございます。温かいお言葉に感謝致します。ブログで多くの方からコメントを頂きますが、本当にありがたい限りです。
    「傷つくこと(失敗すること)を避けて、最初から成功を求めよう」としている事はまさにその通りだと思います。若い時ならいざしらず、中高年になれば失敗などできないと思ってしまいます。失敗したり回り道したりする歳ではないと考えてしまうのは仕方のない事かもしれませんが、あまりにも成功を求めようとすると動きがとれなくなってしまいます。何もしなければ失敗はしませんが、成功も絶対にありません。エスケープ様の仰る通りだと思います。とはいえ、頭で理解できても実際に行動するのは難しいものですね。私にその位の割り切りや行動力があればと思っています。
    「成功」に関しては本当に強迫観念の洗脳されたイメージの気がします。成功とはいわないまでも、男は結婚して妻子を養って、家を建てて一人前といわれてきました。かつての高度経済成長時代ならそれも可能でしたが、今では一部の恵まれた方だけが実現できます。例え、結婚して家を持てたとしてもリストラで住宅ローンが払えなくなり、断腸の思いで家を手放すケースも後を絶ちません。家を処分しても多額のローンが残り、返済に苦労して自己破産する場合もあります。最早、今までの「成功」とか「男として一人前」の定義が揺らいでいるのではないでしょうか。世間では未だにこれらのイメージや定義が浸透しており、それらが私達に多大なプレッシャーがかかっています。私達にとってこのプレッシャーは自殺者を生み出すほど重いものであり、真面目であればあるほど押し潰されてしまいます。あと数十年経って私達不遇の世代が主流となれば、世間の成功やイメージなどの価値観は全く変わってしまう気がします。今の時代は本当に生き辛い世の中ですね。私達は本来生きる為に働いているのであって、働くために生きているのではないと思います。もっと皆が笑って暮らせる世の中になって欲しいと思います。

    返信
  3. 40才アルバイト

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご無沙汰しております、40才アルバイトです。久しぶりにコメント致します。最近は面接とか就職相談とか色々と行動されているのですね。
    今回の面接辞退の件ですが仕方ないのではないですか、求人票に書かれいた内容と全然違うので、私でもおそらく断わるでしょう。ですから面接辞退に関しては特に気にしなくてもいいんじゃないですか。管理人さんの仰る通り今は不景気の為雇う側が有利なのは間違いありません、だからと言って面接に行ったからといって辞退出来ないとも思いません、面接に行ってわかる事もあります。確かに管理人さん見たいに断ってしまった自分自身が悪いのではないかとも思ってしまいますけどね(^o^)後は自分が納得出来る事出来ない事は何かを洗い出して見て、100%納得出来る仕事はないし不景気ですので6割くらいでも納得出来れば頑張ってみてはどうでしょう。私もそろそろアルバイトの契約が切れるので就職活動をしなければいけません、また失業生活に戻るのかと思うと恐怖で一杯になりますがお互い頑張って良い仕事を見つけましょう(^o^)

    返信
  4. こくう

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    面接では、採用担当者が会社に相応しい人材かどうか判断しますが、応募者も同じように自分に合っている会社かどうか判断する必要があります。本来、採用者と応募者は対等な立場で話し合いが行われるべきだと感じます。win-winの関係じゃないと上手くいかないと思います。
    辞退は自分にマッチングしなかったというだけの話で全く問題無い事だと思います。経験する事で分かる事も沢山あります。恐れず前に進んで行きましょ。私の中では、お見合いと似ていると思います(←経験ないですが…^^;)。お見合いしたら絶対に結婚しないといけないという事はないですよね?場数踏む事が重要のような気がします。
    同じ立場なのに、偉そうな事を言ってすみませんです。

    返信
  5. ケ・セラ・セラ

    SECRET: 0
    PASS: bf4cb5d1cbb0ecf80ae1a9c01e52cc15
    40才アルバイト様 
    久々のコメントありがとうございます。これまでブログを読んで下さってとても嬉しいです。
    そうですね、せっかく受けた企業を辞退するのはどうにも気分が良くありませんね。何か自分が悪い事をしたような気がしてしまいます。しかし、前回短期離職した会社ももし辞退していれば酷い目にあわずに済んだかもかもしれません。まあ、面接で違和感を感じてもやはり実際に働いてみない事にはわからないものです。
    今回は2社立て続けに辞退してしまったので、何か自分に問題があるのかと思ってしまいました。どちらも正直最初から気が進まなかったのですが、案件がいつまで経ってもないので、目をつぶって応募した次第です。とにかくいつまでも無職でいられないとの危機感から応募しましたが、いざ面接してみると条件・内容が違うしテンションは墜落状態でした。
    本当に納得できる案件を見つけるのは至難ですから、やはりどこかで妥協しなければならないでしょうね。でもどこで妥協するのか、線を引くのかは本当に難しいところです。
    40才アルバイト様も大変な日々を送られていると思います。そんな中でも当方を気にかけて下さって感謝するばかりです。お体に気をつけて無理をなさらぬ様願っております。

    返信
  6. ケ・セラ・セラ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こくう様 
    いつもコメントありがとうございます。
    そうですね、応募者と企業側は本来対等であるべきですので、そう考えると辞退するのは一向に構わないという事になりますね。それでも実際は圧倒的に企業側の立場が強いですから、応募者はどうしても卑屈になってしまうものです。
    しかし、改めて思いますが、今の時代は何でこんなに雇用情勢が厳しくなってしまったのでしょう。何十社受けても書類さえ通らないなんて話を聞きますが、本当に時代が悪いとしか良いようがありません。当然個人の努力は必要でしょうけど、同じ能力でも違う時代なら容易に仕事に就けた人が沢山いるはずです。正規雇用はどんどん非正規に置き換わっていくし、不安定が当たり前の時代になってしまった気がします。
    ともあれ、辞退の件に関しては今では納得しています。もう無職は嫌なので正直勿体なかった気もしますが、またすぐに辞めてしまっては元も子もありません。辛いですが今しばらくお見合い(?)をを続けたいと思います。

    返信
  7. 秋里俊一

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。ブログ初心者ですが、よろしくお願いします。
    1週間ほど前から「中高年の再就職(3ヶ月と1週間で決める!)」
    というテーマで書き始めました。10年近く再就職支援会社でキャリア
    コンサルタントをしていた経験を、少しでもお役にたてていただければと
    引退後した今、参考書と首っ引きで書いています。
    クセのあるコンサルタントでしたので、1年以上決まらない方や担当の
    コンサルタントとトラブルになった方、そして50才を過ぎてサポートが
    難しくなっている方等を担当させられ、全国を飛び回る毎日でした。
    難しくきつい仕事でしたが、内定を得た時の皆さんの笑顔が何よりの報酬でした。
    とても参考になる内容なので、是非ともリンクさせていただきたく、
    ご連絡申し上げました。
    よろしくお願いいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA