今までの就職活動を振り返る‐現状と反省点

投稿者: | 2013年4月8日

まず、前回の記事で沢山の温かいコメントを頂いた事に御礼申し上げます。貴重なアドバイスを頂き、全くその通りだと思いましたが、すぐ辞めたり時間を減らす事は少々難しいのが現状です。それでも体が資本ですし、病んでは元も子もありませんので、いつでも頭の片隅に入れて頑張り過ぎない様にしたいと思います。
バイト先でも何年も勤めている方もいますが、誰も時給は上がった事はないし、むしろ逆に下がっているそうです。会社への愛着やバイトのこだわりは全くないのですが、やはり社会人としては職務放棄できないし、お金が欲しいのでもう暫く我慢するつもりです。いよいよ辛いと思ったら辞めようと思っています。

 

さて、週末少し時間があったので、これまでの就職活動を振り返ってみました。長期勤続した会社をリストラされて、再就職先を短期離職し、そして今回のアルバイトと既に1年が経ってしまいました。1年以上経ったにも関わらず、結局アルバイトになってしまい、空を見上げて一体これまで何をしてきたんだろうと思ってしまいました。
これまでの1年は無駄だったのではないか。1年もがいて結局アルバイトなら、別に1年も費やさなくてもそのままバイトすれば良かったんじゃないかなどと考えました。失業保険も全て受給しても生活費が足りず、貯蓄を随分減らしてしまいました。本来ならもっと先の人生の為に備えておくべき貯蓄を今回減らしてしまった事は大きな痛手です。1年間一日も仕事や就職の事を考えなかった日はなく、心身ともにやつれて本当に老けてしまいました。そんな事を考えるとこれまでの1年間に疑問が湧いてきます。

 

このように苦しい1年間を過ごしたからといって、今報われているわけではありません。今は一時しのぎのアルバイトですから、就職活動は依然として続けなければなりません。アルバイトの為に時間がとれないのでいずれ辞めるか時間を減らす事を考えますが、その時はまた苦労しなければなりません。
人生楽しむためにあるというより、延々と苦しむ為にあるというのは言い過ぎかもしれませんが、今ではそんな気もしています。まだまだ人生長いんですよね、仕事も探していますが自分の人生の意味も探しています。

Pocket

今までの就職活動を振り返る‐現状と反省点」への5件のフィードバック

  1. nob

    はじめまして。
    ボクも去年の年末で退職し求職中の40代前半の男です。
    先日地元の町工場に一旦就職しましたが、二週間の試用期間で社長から「期待はずれ、他を探したら」と言われ退職しました。
    毎日がつらいです

    返信
  2. ケ・セラ・セラ

    nob様
    コメントありがとうございます。貴ブログ拝見させて頂きました。中高年になって失業すると本当に途方にくれてしまいますよね。就職できても新しい仕事に慣れるのは並大抵の苦労ではなく、現実的に無理な場合もあります。就職活動もうまくいかないし、精神的に追い詰められるし、失業中は地獄の苦しみを味わう事になります。かくいう私も試用期間で退社したので偉そうな事はいえませんが、あまり気を落とさずにお体をご自愛下さいませ。

    返信
  3. ミー

    こんにちは、辛いですが先の見えない今の世の中ですが前に向かって進んでいくしかありませんよね
    私個人も資格取得の為勉強を始めてみました、興味ある資格の勉強もなかなかやりごたえがあり目標が出来ました

    返信
  4. ケ・セラ・セラ

    ミー様
    コメントありがとうございます。本当に先の見えない時代になりました。資格取得の勉強を始めたとの事で素晴らしいと思います。アベノミクスとか株価上昇とか恩恵は全く感じませんが、何とか生きて行きたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA