アルバイト始めて2ヶ月‐無職の罪悪感からはとりあえず解放

投稿者: | 2013年5月25日

紆余曲折からアルバイト始めてようやく2ヶ月が経過しました。初めは嫌で仕方がなかったバイトですが、2ヶ月も経つと嫌でも慣れてきました。慣れてしまった事が良いのか悪いのかわかりませんが、食べていくためには稼ぐより仕方がありません。不本意な仕事ではありますが、お金には代えられないのが現実の辛い所です。
何の保証もないバイトですからいつまで続けられるか全くわかりませんが、あまり思い詰めても仕方がないと思っています。今更キャリアでもないですが、これからどうするかなんて全くの白紙です。今は日々の暮らしをどうするかだけを考えている状態です。

 

しかし、それでも無職の救いようもないどん底から抜け出した事は事実です。預金通帳の残高が減り続ける恐怖もさることながら、無職である罪悪感から一時的にでも開放された事は精神的に楽になりました。あのままずっと無職を続けていたら、本当に病気になっていた事は間違いありません。
さて、相も変わらずですがこの先どうしようかなと思い巡らしたりします。とりあえずはバイトをしていますが、いつまで続けられるものか。あんまり考えても仕方ないので、なるようになるさと考えたりもしています。思い詰めても良い事はありませんからね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA