ストレス、パワハラのある職場‐ワンマントップはイエスマン以外は首切り

投稿者: | 2013年11月29日

アルバイト生活をする様になって生活は厳しくなりましたが、パワハラとストレスからは解放されました。もちろん、バイトといえども仕事である以上は少なからずのストレスはありますが、パワハラといったものはありません。働くうえでいじめやパワハラがない職場は本当にありがたいものだとしみじみ感じています。
思えば長年勤めた職場は完全にワンマンでパワハラが絶えませんでした。トップは気に入らない人間は散々痛めつけられた挙句、どんなに会社に貢献した人物でも首を切られていきました。首を切る上でも周囲に批判されない様に周到に根回しして難癖をつけて徐々に追い込んでいったのです。自身の評判だけを気にして嘘を並べ立てて、批判されない様にしていました。何人もの従業員が辞めさせられてしまい、残った私も結局難癖をつけられて辞めさせられてしまいました。退職してから大分経ちましたが、思い返してみると本当に無駄な時間を過ごしたものだと思います。

 

今更そんな事をいっても仕方がありませんが、貴重な時間を失った事が悔やまれます。その職場で生き残ったり昇進したのは、結局トップの愛人とかゴマすりが得意な完全服従の人間だけでした。重要なのは仕事ができるとかは関係なく、トップに気に入られるかどうかだけだったのです。そんな職場なら早く辞めれば良かったのに思われるかもしれませんが、今の不況と就職難を考えるとせっかく手に入れた正規職員の地位を手放したくなかったのです。とはいっても、やはりそんな職場にに長く勤めるより、手に職をつけて技術者の様にコツコツ働くことを目指していれば良かったなあと後悔しています。

Pocket

ストレス、パワハラのある職場‐ワンマントップはイエスマン以外は首切り」への8件のフィードバック

  1. ミー

    こんばんは、上司や権限ある人にゴマする人必ず居ますよね、ワンマン系企業とかが特にその傾向が高いですよね
    先日ハローワーク紹介である社会福祉法人の面接に赴きましたが求職者本人に通知せずにハローワークにしか結果を連絡しない最悪の場所でした、、普通は採用不採用に係わらず求職者に通知するのですが、、、呆れ返りました

    返信
  2. ケ・セラ・セラ

    ミー様
    コメントありがとうございます。面接は大変でしたね。結果を通知しないなんて本当に失礼ですね。少なくとも文書を郵送すれば済むはずなのに。逆に考えればそういう組織では後々苦労する可能性が高いので、事前にわかっただけ良しと考えるしかないのでしょうか。

    返信
  3. エイトビート

    はじめまして。
    いきなりのコメントなんですがよろしくお願いします。
    今日このブログを発見し、共感をもちコメントを書かしてもらう事にしました。
    男の28歳です。
    僕も失業者です。今月の八月まで9年前職に勤めていたんですが精神的に参り辞職を決めました。
    辞職し前職の事を考える事がなくなった事によって精神も安定し周りからも顔色がよくなった!とまで言われ嬉しく就職活動に励みました。
    ですが世の中甘くなくツテがあってもなかなか就職できない世の中の現実を知りました。続けて応募して面接行って不採用の繰り返し。12月に入りまた辞める前の様な精神的苦痛がひどくなってきました。
    少し休憩したいとドライブや友達と遊んだりするのですがやはり頭には無職。という自分が頭から離れなくなりました。
    前職での先輩達はしょっちゅう自分の事を心配して電話をくれたりメールをしてくれたりご飯まで誘ってくれます。凄くありがたい事です。
    12月の半ばに朝一本の電話がなりました。
    前職での社長が帰ってまた仕事がしたい!って気持ちなら話を聞くと。
    正直凄く悩んでます。
    戻る事でどんな扱いをされるか。
    我慢すれば収入が入りもうお金の事は気にしなくてもいい。だけどまた精神的に追い込まれないか。
    話によれば自分が帰ってくる事に怒っている人もいるんじゃないか?とまで話を聞いたりしました。
    こうやって考えたり悩んだりするうちにあっとゆうまに日にちも時間も過ぎていきます。しまいには今まで体験した事がなかった無職での年越しや無駄にお金が使えない正月になりそうで、選択すら怖くなってきました。
    これから先も就職活動とゆう辛さを味わうべきか前職でどんなに辛かろうが頑張るべきか。
    世の中は年末でこんな時期ですが自分も不安定な気持ち、寂しさや辛さのまま年を越しそうです。本当長々とすいません。辛くて辛くてもうどうしようもないです。

    返信
  4. ケ・セラ・セラ

    エイトビート様
    はじめまして、コメントありがとうございます。離職後の辛いお気持ちが痛いほど伝わってきます。私も無職期間中は精神的に大変苦しみ、本当に辛い日々を送りました。昨年は無職のまま年越しをしましたので、そのお気持ちは十分お察し致します。私の経験から申し上げれば、とにかく自分を責めない事です。無職になると焦り、不安、後悔、自信喪失、卑下、罪悪感などいろんな感情が出てきますが、自分を責める必要はありません。人生仮に80年とすれば、その長い人生の中で1年や2年位働かない時期があっても良いはずです。人間は本来生きる為に働いているのであって、働く為に生きているのではありません。もし一生食べるに困らないだけの貯蓄があれば、ほとんどの人は働かないはずです。そうした考えはブログの随所にも記されています。
    また、前職に戻る事に関しては私は経験がないので何とも申し上げられません。一般的にはあまりよい選択とは考えられていないようですが、これはケースバイケースなので一概にはいえないと思います。長年勤めた仕事を辞めたのはそれだけの理由があったはずで、冷静に考えてみてその理由となる要因がなくなったとか改善されたのなければ又同じ事を繰り返すかもしれません。しかし、無職を経験して仕事に対する考え方や取り組み方が変わったという事もあり得るので、無事に戻れるかもしれません。

    返信
  5. エイトビート

    返信ありがとうございます。
    前職に戻る事凄く悩みながら日々就活に励んでいます。
    前職に戻っている人は何人かいる会社なんですが、やはり状況は変わっていないどころかもっと悪くなっている状況だそうです。
    ですがそんな状況でもぐっと我慢して負けないぞと頑張っている前職での先輩達を見ていると何故自分も強い気持ちになれなかったのか?と後悔ばかり生まれます。
    自分がなかなか仕事が決まらない状態なので周りにも親にも兄弟にも心配ばかりかけてしまっています。
    これ以上、心配かけられないと前職の道に行きたいなと考えています。
    ただ自分が戻る事に対して怒りを感じている人もいるそうなんです。
    謝りにいかなきゃいけない状態で。
    電話しようにも怖くて震えてしまいます。
    前職での仕事にやりがいをもっていた。だからまた一から頑張りたい。
    ですがそこで取り戻すには色んな葛藤がありすぎる。難しいですね。

    返信
  6. ケ・セラ・セラ

    エイトビート様
    コメントありがとうございます。そうですね、前職にどうしても未練があって戻れる可能性があるなら復職するのもありだと思います。どういう結果になるかは誰もわかりませんが、自分で決めた事なら納得いくのではないのでしょうか。
    尚、怒りを感じているとか謝罪しなければという状況は致し方ないのではないかと思います。一回辞めてしまった以上、そうした人がいるのは当然なのでそれを気にしてもどうにもならないかと思います。謝罪する必要があるならしても良いとは思いますが、それで辞職した事実がなくなるわけではありません。気にし過ぎても仕事に支障があると思います。ある意味割り切って仕事をキチンとする事で長い時間をかけて認めてもらうしかないのではと思います。
    何か偉そうな意見を述べてしまいましたが、思いつく事を述べさせて頂きました。失礼をお詫び致します。

    返信
  7. エイケース

    初めまして。
    私も前職が同じような職場であったため、ケ・セラ・セラ様のブログを拝見して、居ても立っても居られなくなり、コメントいたしました。
    私もその会社にいた期間が時間の無駄だったように思えて仕方がありません。ただ、世の中にはこんな酷い会社もあるということを知って良かったと自分に言い聞かせています。
    そして、そんな経験をもってすれば、どんな辛さにも耐えられると自らを鼓舞しています。

    返信
  8. ケ・セラ・セラ

    エイケース様
    コメントありがとうございます。そうなんですね、いざ長年居た職場を辞めてみるといかにくだらなかったのかヒシヒシと感じています。仕事の評価は色気とゴマに尽きたのですから、今考えてみるといかに無駄な時間を過ごしたのかと後悔せざるを得ません。それでも身についたものといえばやはり我慢強さしかないのではないでしょうか。今思い返してみても本当に辛いパワハラでした。日本はいつからこんな住みにくい国になってしまったのでしょうか。極端な話、江戸時代なら皆昼間働き、夜は家に帰り、暗くなれば寝ていました。今の様に24時間営業で夜も働くといった事はありませんでした。私達人間は便利さを追求する余り、幸せになる権利を放棄しているような気がしてなりません。晴耕雨読のようなスローライフに憧れますが、まずは私達の価値観を変える時が来ているのかもしれません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA