春の退職ラッシュです‐非正規雇用のアルバイトは辛いよ

投稿者: | 2014年3月25日

相変わらずアルバイト生活が続いていますが、春になって少なからず同僚達が一斉に退職します。私が働いている会社はほとんどの人が非正規雇用のアルバイトですが、それでも何年も勤めている方が少なからずいます。そんなベテランの方々が相次いで春に辞めていきます。通常春の季節は人の入れ替わりがある時期であるのは致し方ないのですが、聞く所によればこれほど多くの人が辞めるのは珍しいとのことです。私は勤めてもうすぐ一年になりますが、待遇に満足しているわけではなく仕事がないので仕方なくやっているといった状況です。

 

さて、辞める予定の方々に話を聞くと個人的な事情もあるのですが、やはり待遇に不満があるようです。非正規のアルバイトですから薄給は当然なのですが、諸種の自己負担や持ち出しが多くて割りにあわないとの事です。幸い私の場合はそれほどではないですが、彼らの場合は会社に散々こき使われてきたようです。だから何なんだといわれそうですが、非正規でも何年も勤めれば立派に会社の戦力として貢献してきたはずです。

 

いつの時代でも代わりはいくらでもいると切り捨てられるのが非正規の運命ですが、身近な人達が辞めるとなるとやはり残念な気持ちになるものです。ともあれ、私自身もいつまで勤められるかわかりませんが、体に気をつけて踏ん張ろうと思います。

Pocket

春の退職ラッシュです‐非正規雇用のアルバイトは辛いよ」への8件のフィードバック

  1. ケ・セラ・セラ

    ○○○○○様
    コメントありがとうございます。貴方様も大変な苦境を経験されているとの事で心痛お察し致します。人生長いですからあまり自分を責めずに自分を追い込む事のないようにした方が良いと思います。家族を持つ事に関しては、「支えを持つために家庭を持つ」というのは本末転倒ですし、そもそもそうした理由で家庭を持つ事ができるとは思いません。家庭がないから仕事をしないというのは少し違う気がするので、仕事をするという事と家庭を持つという事は別々に考えた方が良いかもしれません。遣り甲斐とか生きる理由に関してはそもそも一体世の中の世界中の一人一人が理由を持って生きているものなのでしょうか。理由がなければ生きていてはダメという事は絶対にないし、間違っていると思います。人類はそもそも歴史の中でその日の食べ物をどうやって得るかの為に生きてきたわけで、生きる意味とか遣り甲斐とか考える様になったのはごくごく最近の事です。世間では自分らしさとか目標とか過大にうたっていますが、あまり周囲に惑わされてはいけないと思います。私のブログでもそうした記事をいくつか載せていますので、少しでも参考になれば幸いです。

    返信
  2. エイトビート

    こんばんは。お久しぶりです。
    以前にコメントを書かしてもらいました者です。
    以前は前職に戻るか戻らないかの相談で書かしてもらいました。
    あれ以来前職に戻るか悩んでいた所ある企業を見つけ二回の面接を受けどうにか受かりました。二月から新人研修が始まり毎日不安を感じて取り組んで参りました。
    新人研修を終えいざ現場に入ると新人研修で学んだことと全く違う事(デタラメばかり、矛盾だらけ)で自分でもどうしたらいいのか?悩むようになりました。
    これが社会、これが組織。無職の間にどれだけ仕事探しがキツかったか?思いだし、どれだけ上司にキツイ事を言われようが我慢しましたが
    精神的にやられてしまい、早退をしてしまいました。
    そこから行く気力を失い、上司にも相談できる人もおらず、二ヶ月とゆう早い期間で辞める事になりました。
    ハートが弱い、逃げているだけ、そんな奴はいらないと退職届を出した際言われてしまいました。
    また無職に戻り今は前職の退職の手続きをしながら職安に行ったりしながら心を休めています。
    甘いとは周りから言われるのですがやはり心が折れてしまいました。
    どんなに嫌でも収入の為なら我慢しなきゃいけない今の社会の現状が怖くて仕方がないです。

    返信
  3. ケ・セラ・セラ

    エイトビート様
    お久しぶりです、コメントありがとうございます。私の経験とあまりにも似ていて驚くばかりですが、辛いお気持ちお察し致します。私も同じような経験をしましたので、今の状況と心中は痛いほど良くわかります。
    さて、このブログの多くの記事でも所々で述べているのですが、今の状況は辛いには違いありませんがこれからの自分の人生をどう生きていくか見つめなおすよい機会だとプラス思考で考えた方が良いかもしれません。
    本当の自分は何がしたいのか。どうやって生きていきたいのか。人生にとって何を重要視するのか。仕事、地位、金、昇進、家族、結婚、趣味、社会貢献、ボランティア、世間体などいろいろありますが、一体何でしょうか。働かなければならない、結婚しなければならない、家庭を持たなければならない、家を建てなければならない、昇進・出世しなければならない、正社員でなければならない、嫌な事でも我慢しなければならないなどいろんな義務がいわれますが、これらは本当に自分の本心から望む事でしょうか。落ち着いて冷静になって考えてみてこれらが何よりも大切というわけでなければ本心ではないという事です。まずは自分の本当の気持ちに気付く事が大事なのではないでしょうか。
    人生にはいろんな生き方があります。我慢はもちろん必要ですが、嫌なら無理やりする必要はないし、だからといって弱いわけではないと思います。そもそも嫌なら向いてないし、嫌でやっても楽しくないし続かないと思います。いろんな生き方があるのを知るには日本だけでなく世界に目を向ける事も良いと思います。テレビ番組で「世界の果ての日本人」、「世界の村で発見!こんなところに日本人」、「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」、「ネプ&イモトの世界番付」などは私は好きで良くみていますが、本当に人生いろいろ、価値観もいろいろだと考えさせられます。また、「ボンビーガール」などを見ていてもいろんな生き方があるんだなと思います。
    とにかく、今回離職してしまった事が自分の所為だと自分を責めない事です。単に仕事が合わなかっただけだと考えた方が良いと思います。そもそも仕事が合っていれば短期で辞めないはずですし、そうした職場に無理していても続かないと思います。一旦心身共に休んで本当の自分の気持ちを確かめてみてはいかがでしょうか。

    返信
  4. エイトビート

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    返信ありがとうございました。
    色々と貴重な意見ありがとうございました。
    前の職を辞め早々二週間が立ちました。
    自分はなんの為に仕事がしたいのか考えつつもハローワークに通っている自分がいます。
    自分は9年勤めた前職で自分を閉ざしてしまいました。先輩、上司が最優先で物事を考え、腰を低くしもし間違って自分が優先してしまった時はパワハラの連続でした。
    自分が殺されてしまっている今の環境で本当にいいのか?と悩んだ挙句9年勤めた会社を辞めました。
    そこから新しい一歩として自分の性格上、相手に尽くす、腰を低くして相手に喜んでもらいたい!そんな仕事に応募してまた新たなる一歩を踏み出しました。
    経験上、研修とゆうものが初めてで笑顔作り、訓練、その会社で働く為の資格の勉強。嫌になる事もありましたが頑張って来ました。
    ところが現場ではその研修で学んだことが活かされない逆にそんな事をしていたら怒られる毎日に心が折れてしまいました。
    何が正解なのか?
    真面目に取り組む事が何がいけないのか?分からなくなっています。
    自分みたいな、腰が低くて、真面目な人間は社会じゃ通用しないのか?悩む毎日です。
    弱い人ほど損をするこれが社会なのでしょうか?なかなか怖い気持ちで社会に復帰する勇気がでない状態です?

    返信
  5. ケ・セラ・セラ

    エイトビート様
    コメントありがとうございます。9年も勤めた会社を辞めて又新たなスタートをするのは本当に大変だと思います。気持ちをどう整理するか、清算するかは難しく、ある程度の時間がかかるはずです。前職を思い出して後悔して今後の人生にプラスになれば良いのですが、私の場合は考えたくもないし時間の無駄と考えて一切頭の中から排除しました。人間誰しもパワハラなどの嫌な記憶は忘れたいものです。どのような仕事を探されているのか、また研修の内容などもわからないのでなんともいえないのですが、大抵の職場では入社前の研修などは全く役に立たない事が多いのかもしれません。今後については焦らずにじっくりと道を探しても良いのではないでしょうか。失業するとどうしても焦って早く早く職に就こうとしますが、実際私も焦って再就職して合わずにすぐ離職してしまいました。お体にお気をつけて気を楽に過ごしましょう。

    返信
  6. エイトビート

    返信ありがとうございます。
    今改めて思うと二ヶ月とゆう早さで辞めてしまった自分が情けなく感じ自分を責める毎日です。よくない事だとは分かりますが。
    九年自分は製造業をしておりました。その九年の間仕事に関係ない事で様々な上司に大きな罵声を浴びたりしておりました。どうにか九年、生活の為に自分の為だと我慢して出勤していましたがある日から精神的に参ってしまい辞める事にしました。それから五ヶ月かけて新しい一歩として人の為に他人の方々と接する事がやってみたいと思い、個人宅へ商品の配達などの仕事の求人があり無事採用になりました。
    前職とは違うものばかりで不安や緊張がたまるばかりでもどうにか頑張っていきたいと思った矢先、仕事中、大きな罵声を度々浴びてしまいました。目の前が真っ白になり、過去に浴びた罵声の記憶が蘇り怖くなり仕事にも手がつかなくなりました。そこから会社に行く事が怖くなり二ヶ月とゆう早さで辞める事となりました。
    今自分はちまたで流行っているゆとり世代なのかな?と自分を責めてしまいます。上司に何言われても文句言われても耐え抜いてやる!とゆう自分に何故なれないんだろう?って考える毎日です。弱々しい自分が社会で貢献できるのか?社会で通用するのか?怖くて仕方がありません。

    返信
  7. ケ・セラ・セラ

    エイトビート様
    コメントありがとうございます。離職、再就職とうまくいかずに自信喪失されている事と存じます。私も同じ経験をしたのでお気持ちが良くわかります。私も長年続いた職場で散々パワハラを受け、人格を否定され続けたので、仕事が全く面白くありませんでした。生活の為我慢し続けましたが、結局他の従業員と同じ様にワンマントップに切られてしまいました。今では全くの無駄な時間を過ごしたと後悔しています。
    さて、私は専門家ではないので的確なアドバイスはできませんが、私の経験を述べるならば無料の就職相談やキャリアカウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか。都道府県単位で各地に設置されている窓口では無料で相談やカウンセリングを受けれるはずです。ハローワークの職員でも良いのですが、ハロワの場合は個別の求人についての紹介が主なのでじっくりと相談やカウンセリングというわけにはいかないかもしれません。仕事に関する意識や気持ち、今後の方向性などを探る上では利用してみる価値は高いと思います。
    エイトビート様は度々の離職で自信が喪失し、自分を過小評価しているのかもしれません。私も同じ様な経験をしましたが立ち直るには時間がかかりました。焦らずに自分を責めずに進みましょう。

    返信
  8. エイトビート

    お久しぶりです。
    色々と貴重な意見ありがとうございます。
    気になった求人に応募してみるものの残念ながら不採用と結果が続き自分が何をしたいのか分からなくなりました。
    意見をもらった通り、就職相談などを見つけ話を聞いてもらっています。正規雇用で働かしてもらいたいとゆう気持ちでいっぱいなのですが
    ハローワークに行けばため息が毎日でてしまう始末です。
    まだ自分はどうにか実家暮らしで生きる事はどうにかできますが、甘えてばっかりだなと家族にも気をつかっている毎日です。
    昨日から自分もバイトを始めてみました。毎日ハローワークには行っていましたがなかなか思うような求人が見つからなくまた家に帰ると不安などが襲ってきて気がまいりそうでした。
    何かしなきゃと思い新聞配達のバイトをとりあえず始めてみました。
    今の考えでは朝バイトして、昼間就職活動をしようかなと思います。
    ですがやはり新聞配達も毎日といっていいほど出勤なので、昼間のバイトで週3日程度のバイトをしながら就職活動をする事も考えてます。
    あくまでもやはり正規雇用でまた働きたいとゆう気持ちが凄く大きいですが今の現状は本当に辛いし厳しいですね。
    このまま果たして正規雇用で働かしてもらえる場所が見つかるのか不安を抱えたまま日々生きています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA