ハローワークで面接予約と職種・業種の選択について

投稿者: | 2012年4月16日

先週「雇用保険説明会」を終え、今日ハローワークで早速面接予約をしてもらいました。
2日後に失業後、初の面接となります。
面接先は完全に異業種で、前職との関連性はありません。
ハローワークで職員に面接交渉を依頼したのですが、かなり怪訝そうな対応でした。失業して初めての面接でいきなり異業種を希望しているのだから無理もありません。正直、私自身も可笑しいと思いましたが一応熟慮に熟慮を重ねた上の結論なのです。

 

前職は十年以上経験があるのですが、あるサービス業で将来が不安でした。
いつリストラされるかと常に怯えて、会社というか上司の意向に全て従わざるを得ない。そのサービス業ではこれといったスキルも身に付かず、会社内の業務はこなせても他の会社に行けば全く通用しない状態でした。もうすぐ四十歳の大台になる中で、このまま年を重ねて四十五、五十になっても自身の人生をその上司だけの顔色に委ねるのは苦痛で仕方ありませんでした。会社は完全にその上司のワンマン経営なので、従業員は皆御機嫌を取る事に必死です。嫌われた者は全員辞めさせられていきました。管理人も嫌われている一人なので、難癖をつけられて結局辞めざるを得ませんでした。遅かれ早かれ辞めるしかなかったので後悔はしていません。

 

ですから転職は止むを得ないのですが、職種選択には散々迷いました。正式退職まで一定期間猶予がありましたので、何度も何度も迷って考え続けた末に、異業種への転職を決意しました。理由はやはり今までの職種・業種でのこれからのキャリア形成に不安を感じたからです。十年間の経験があるとはいえ、営業や経理などの目に見える技術があるわけでもなく、手に職をつけている職種ではありません。サービス業でも主任や店長などの管理職経験があれば管理職での転職も可能だと思いますが、四十手前で平社員の経験しかない管理人では展望はありません。これまで求人情報を探してきましたが、やはりパートやアルバイトといった非正規雇用がほとんどで、正社員は管理職クラスの募集が一般的です。十年勤めて管理職になれないのですから、この先同業種で勤め続ける事は無理があるという結論に達しました。それで異業種への応募になったわけですが、未経験で果たして四十前の人間を雇ってくれるのか無謀の様な気もします。しかし、それでも現時点では最善の考えだと思い、今回の面接依頼に到ったわけです。実際、面接してみなければ反応もわかりませんし、ダメならダメで又考えたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA