異業種への就職へ向けて面接第1回目

投稿者: | 2012年4月18日

本日は失業後はじめての面接でした。
履歴書は昨日完成させ、今日は準備万端で臨みました。
いまだに職種選択の悩みはあるのですが、何度考えても現時点での答えは同じ。「異業種へ転職」する決意は変わりません。どれだけ考えても現状が変わらない以上、環境が変わらないので同じ答えしか出てきません。その答えが正しいのか間違っているのか散々考えましたが、誰にもわかりません。いくら自分で考えても同じ頭では同じ答えしか出ないし、いくら他人に相談しても自分の人生は結局自分で決めなければなりません。相談には乗ってくれても、決めるのは結局自分なのです。これ以上悩んでいると鬱になってしまうので、もう考えるのは止めました。とりあえず前に進んでみて、間違っていたと感じたら修正すれば良いと考えました。

さて、肝心の面接結果ですが、何ともいえません。
良い感触を得た様にいえなくもないですが、足元をすくわれる結果になりそうな気もします。
管理人には全くの未経験職でしたのでこちらからアピールできるものはあまりありませんでした。
それでも前職でのスキルが多少なりとも通用する業務もあるし、健康管理が大事な職種なので、前職での勤勉な勤務状況を説明致しました。勤務時間も長いとの事ですが、管理人にとってはそれでも稼げれば良いとの回答をしました。前職では人員過剰で残業もなく、リストラで基本給も下げられていた為、管理人にしてみればサービスでなければ逆に残業は歓迎です。

 

面接では数日中に返事を頂ける様な説明でしたが、果たして結果がどう転ぶか予測できません。
一社目の面接ですんなり採用されればこんな嬉しい事はありませんが、これでも離職前から今まで約2ヶ月間、悩みに悩んで苦しい思いをしてきました。離職のショック、将来の不安、適職模索、資格取得と不安と恐怖で眠れない夜が続きました。結果はどうなるかわかりませんが、ようやく一歩を踏み出せた気がします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA