「再就職手当」は受け取るべきか‐雇用保険被保険者期間の清算と通算

投稿者: | 2012年6月6日

「再就職手当」は受け取るべきでしょうか?
なぜなら、「再就職手当」を一旦受け取るとそれまでの雇用保険被保険者期間が清算されてしまうからです。それまで10年でも、20年でも雇用保険料を払ってきたとしても、手当を受け取る事でリセットされてしまいます。
自己都合退職の場合は通常3ヶ月間の「給付制限期間」が定められており、この制限期間中に一切の失業手当をもらわずに就職が決まる場合も少なくありません。
そうした場合、「再就職手当」を貰うか「何も受給せずに被保険者期間を通算」させるかは各個人の判断に委ねられ、どちらが良いともいえません。雇用保険は積立保険ではないので、必ず受給できるわけではありません。一生同じ職場に勤めていれば受給する事もありませんし、転職しても全く利用しない場合もあります。

 

ですから、「再就職手当」が貰えるなら貰った方が良いのですが、その後の予測不可能な職業人生を考えて被保険者期間を増やしてリスクに備える事もあり得ます。例えば、将来勤務先の会社が倒産したりリストラの対象になったりすれば、過酷な失業生活が待ち受けています。いざというときに手厚い失業手当がなければ、日々の生活も就職活動もままならなくなります。

 

もちろん、これは失業手当を既に1日でも受給している場合は当てはまりません。1日でも受給してしまえばいずれにしても被保険者期間はリセットされてしまうので、支給残日数等の条件を満たして「再就職手当」をもらえる場合はもらうべきです。支給要件を満たしているにも関わらず支給申請しない場合は、あくまでも全く失業手当を受給していない場合だと考えて下さい。

Pocket

「再就職手当」は受け取るべきか‐雇用保険被保険者期間の清算と通算」への1件のフィードバック

  1. まとめwoネタ速neo

    まとめtyaiました【「再就職手当」は受け取るべきか】

    「再就職手当」は受け取るべきでしょうか?なぜなら、「再就職手当」を一旦受け取るとそれまでの雇用保険被保険者期間が清算されてしまうからです。それまで10年でも、20年でも雇用

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA