求人がないとはどういうものか

投稿者: | 2012年12月12日

何度もハローワークに通い求人検索をしていますが、希望する求人が全くありません。
前回、転職活動・失業者のブログを徘徊している事を取り上げましたが、ブログで何日通っても求人がないとこぼしている方が多数見受けられました。ブログを拝見していると数ヶ月に渡ってほぼ毎日検索していても全く見つからないと嘆いています。本当にそういうものだろうかと他人事の様に考えたりもしましたが、自分で実際に探していると確かに求人がない事を痛感します。
日本国内でハローワークには数十万件の求人情報が出ていますから、物理的にないという事はありません。しかし、自分の年齢、地域、資格、経験、職種、雇用形態等各種の条件を入れると、どうしても件数が限られてくるのです。
まず、年齢に関してはどうにもならず、中高年はこれだけで求人件数が激減します。求人票に年齢不問と書いてあっても、建前だけで実際は20代とか30代とか若年者に限定されてしまいます。12月の現時点で日本国内の求人件数は約47万件ありましたが、例えば年齢を51歳と入力すると38万件に減少します。もちろん表面上の条件ですから、実際にはさらに求人数は減るはずです。求人票には特別な理由がなければ年齢差別をしてはいけない事になっているので、採用側は年齢条件を明示できないわけです。
また、地域に関しても多くの求職者にとってはいかんともしがたい問題です。居住地域が都会であるか田舎であるか、どんな産業があるのかなどは個人ではどうにもなりません。求職者にとっては自身の居住地域で仕事を探すしかありませんから、希望の求人がなければ職に就くことはできないのです。だったら引越しすればよいとか、転勤してでも探せばよいじゃないかといっても、天涯孤独で賃貸住宅に暮らしている身でもなければ地域を抜け出す事はできないのです。家があり、家庭があり、介護も必要ともなれば就業地域が限られてくるのは当然です。
次に、資格の有無でも応募できる件数が減少してしまいます。ある職種に特定の資格が必要なら当然資格を持っていなければ応募もできません。資格といっても就職にあまり役に立たないと良くいわれますが、現実にはなければ門前払いの場合もあり、実際には応募への許可証的な面もあります。今は皆やっきになって資格取得を目指す世の中ですが、採用側は資格より経験を重視します。資格がなくても経験があればよしという場合が多く、経験がなくても資格があれば良いという場合は少ないです。今は弁護士の資格を取っても職がない事もあるそうで、皆が資格を取るので希少価値がなくなってしまっています。資格があっても安泰ではありませんが、なければ選択肢が限られてしまいます。
さて、経験がなければ今は門前払いの状態です。ハロワではあまり見かけませんが、求人雑誌などではよく未経験者歓迎などの記載をよく見かけます。ところが実際に応募してみると実は経験者のみ募集していたり、少しでも経験者がいればはじかれてしまいます。未経験者歓迎といっても年齢で仕切られる場合が多く、例えば未経験者なら30歳までが限度までといった選考基準があります。未経験者でも若年者なら可能性もありますが、中高年で未経験だときわめて難しいといえます。
 中高年になってからの未経験は応募可能な件数を激減させてしまいます。管理人も身に染みて感じましたが、年をとってから未経験職への応募はとてつもなくハードルが高いです。求人検索をしていても経験のない仕事の業務内容をみても何をするのか全くイメージできません。例えば○○管理、○○工程、○○設計など仕事内容が記載されていても何をするのかさっぱりわからないのです。いくら求人が出ていてもわからない仕事に応募できるはずもありません。必然的に自分の検索対象から外れていき、応募可能な求人が減るのです。
 次に、職種で更に求人件数が少なくなります。特定の職種を希望すれば当然ながらその職種しか応募できなくなります。
 また、雇用形態にこだわれば当然求人件数も少なくなります。正社員を希望すれば当然件数は限られます。求人倍率を正規雇用と非正規雇用で比較すれば、いかに正社員の求人が少ないかがわかります。今は労働者全体の3分の1以上が非正規雇用で、今後益々その割合が上昇していくといわれています。
こうして諸々の条件をいれて検索していくと、実際に応募できる求人がいかに少ないかに驚いてしまいます。無条件で100件の求人があったとしても、これらの条件を入れれば下手をすれば2、3件しかないという事も珍しくありません。就職活動ではよく妥協が必要だといわれますが、妥協といっても賃金面で我慢しても年齢、経験、地域などどうにもならない場合があります。長期間にわたって幾ら探しても求人に変化がなく更新もされないようなら、求職者にとってはまさに「求人がない」状態になるわけです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA