失業中の資格取得‐難易度、準備期間、支援補助制度について

投稿者: | 2012年2月25日

資格取得の必要性は認めるにしても、いつ資格を取得するかは問題です。
在職中にできるだけ取得できればよいのですが、失業してから資格取得の事を考える人も少なくないでしょう。
雇用市場は極めて厳しく、誰もが苦労すると思われますので、せめて資格だけでも取っておきたいと思うのは至極当然です。

 

しかし、難易度が高い資格であればあるほど事前の準備期間が必要で、失業後すぐに資格取得できるほど甘くはありません。いくら資格が欲しいと思っても試験日が何ヶ月も先という事もあります。なるべく時間を無駄にしたくないと思っても、日程が合わなかったり、既に応募が締め切られていたという事も珍しくありません。資格取得の際にはそれ相応の期間が必要で、時間とお金の余裕がなければ難しいのです。

 

失業後、あわてて資格取得を志しても選択肢は限られてきますし、なにより収入がありません。収入がなければ資格取得に十分な時間も費用もかけられずに、取得を諦めてしまう事にもなります。雇用保険の受給資格があれば、職業訓練を受ける機会がありますが、競争率も高く全ての希望者が受講できるわけではありません。それでも職業訓練は失業者にとっては資格取得の道を開く方法で、極めて重要な役割を果たしているのは事実です。詳細は別の機会に述べるとします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA