上司を尊敬できるか、尊敬できないかが進退を左右する

投稿者: | 2012年4月10日

あなたは上司を尊敬できますか?

 

仕事ぶりを尊敬できますか?

 

人間として尊敬できますか?

 

「くだらない質問をするな!仕事で上司が選べるか!」と怒られるかもしれませんが、仕事の意欲を保つ上でどうしても考えずにはいられません。上司の仕事の能力は申し分なく、人間としても尊敬できるという方は本当に幸せですが、そうでない方も多々いると思います。そんな時にどうするかといえば、当然尊敬するしないに関わらず仕事をしっかり行うのが普通です。

 

仕事は上司の人間性に関わりなくしなければなりませんが、
やはり尊敬できない上司に従い続けるのは苦痛なものです。

 

一年、二年と我慢し続けるのはできても、
上司を尊敬できないとどうしてもいつの日かそれが態度に出てしまうからです。

 

あからさまに批判や意見などはもちろんしなくても、顔の表情のほんのわずかな曇りが伝わります。
本人は必死に隠していても俳優でもなければ何年も演技し続ける事は不可能です。
それでも悟られない様我慢し続けろ、修行が足りないといわれればその通りですが、
やはり人間である以上完全には不可能です。

 

尊敬していない事が伝わってしまうとその後は最悪です。
無視、外し、イジメが始まります。
話もしなくなる、話をしても常に嫌味をいわれる、仕事を回さなくなるといったイジメです。あからさまに辞めさせる事はできないので様々な圧力をかけてくるわけです。

 

逆に、上司を尊敬する事ができれば仕事にも意欲が湧き、吸収も早くなります。
上司にも可愛がられ昇給、昇進などの恩恵にも預かれるというわけです。

 

ですから仕事上上司を尊敬できるかどうかは進退を左右する重要な要素です。
こんな当たり前の事を書くなといわれてもやはりこれは仕事上避けて通れない問題です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA