年末ジャンボ宝くじ

投稿者: | 2012年12月22日

昨日は年末ジャンボ宝くじの販売最終日でしたね。
夕方宝くじ売り場を通ったら物凄い行列ができていました。100人位は並んでいたのではないでしょうか。そんなギリギリになって買うなら、早めに買っておけば待たなくていいのにと思いました。
かくいう私は数日前にすでに購入していました。といってもわずか10枚ほどですが。それでも3,000円ですので、失業者の身にとっては痛いものです。
もともと私は宝くじを買う主義ではありませんでしたが、宝くじを買うのは今回で2回目です。前回は見事に外れて300円だけ当たったのですが、今回も懲りずに購入してみました。先日テレビのTHE MANZAIで何度も何度も年末ジャンボ6億円と宣伝していたので、つい購入意欲が湧いてきた次第です。
当たるか当たらないというより、宝くじというのは「夢を買う」ものなんでしょうね。辛くて苦しい失業生活の中の一筋の光といったら大袈裟ですが、人間やはり少しでも楽しみがないと生きていけません。当たらずとも少なくとも年末の当選者発表までは夢を見る事ができるわけです。一般庶民、それもパチンコもタバコもやらない失業者のささやかな楽しみといえましょう。
とはいっても何事も限度が必要ですから、この楽しみは「ささやかな」ものでなければなりません。度を過ぎて自分の生活に見合わない金額を出したりしたらいけません。パチンコも競馬もやる方が何百枚も購入しているのをみましたが、さすがに当選発表の時は目が血走っていました。結局、全て6等の300円ばかりという結果になりました。やはり、何事もほどほどとか、ささやかが肝心だと思いました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA