解雇通告、突然の失業で失業生活の始まり

投稿者: | 2012年2月2日

十年以上勤めた会社だが突然解雇を言い渡された。

理由は「区切りが付いたから」との事だ。
「区切りが付いたから」とは何とも意味不明だが、

会社の組織の区切り、勤続十年の区切り、縁故の区切りなどを説明された。

 

しかし、最大の理由は「上司と合わない」からに他ならない。

結局中小企業で働くとはそういう事なのだ。

体の良い理由をつけて厄介払いされたわけだ。

上司に気に入られなければ全てが狂ってしまう。

怒号、説教、無視、嫌がらせ、パワハラ、あらゆる手段で精神的に破壊されてしまう。

十年の間に会社の組織も激しく変わって来た。来期から新事業、新体制の下でスタートする。

確かに最初は縁故で入社したが今まで必死に働いてきた。

しかし、そのあまりに心無い仕打ちに虚しくなった。

これからは失業者となる。

突然の出来事に茫然自失となった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA